“輝ける未来を、子どもたちへ”

子どもは、あそびの天才です。
未来のために心豊かに輝く子どもに集団生活を通して育てます。
「三つ子の魂百までも」ということわざもありますが、人間として個性の基礎は、幼児期に確立されます。
幼児教育の先駆者、フルーベルは「人は幼児期にその人間としての知識の80%を吸収する」といいきっております。

大切な幼児期の教育をあずかる者の責任は、実に重大です。
私どもは、悔いなき教育に専念し、日々幼児と共に生きております。

学校法人 大好学園  保見ヶ丘幼稚園  園長 浅井春代

*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

↑より写真販売サイトをご覧いただけます。

  • 園のご案内
  • 園のご案内
    143 (2)
    送迎について 子どもたちの大好きなご家族の皆様に、朝「いってきまぁ〜す!!」と元気と笑顔を乗せて走る通園バス「スター号」と「ハッピー号」は保護者の皆様の間でも人気と信頼を得ています。 生き帰りの送迎は保護者の皆様と先生が顔を合わせることでコミュニケーションが開けています。 バスの中では満3歳〜6歳の異年齢の子どもたちが接することで楽しさの中にも学ぶことが多い環境になっています。 また、園外に出掛けての遠足などの活動にも保護者の皆様より高い評価を得ています。これは、通園バスを所有している当園ならではの良い点であります。 何よりも、「せんせ〜い、おはようございます!」「おかあさん、おとうさん、いってきまぁ〜す!」「せんせい、さようなら。おかあさん、おとうさん、ただいま」と元気にあいさつしてくれる子どもたちの笑顔とともに安全第一で運行しています。 詳しくは園にお問合せください
  • 園のご案内
    20160401105745782_0002
    園の一年 園の一年の行事をご紹介いたします。 ●4月 入園式 花まつり 子どもの日をお祝いする会 ●5月 ●6月 母の日、父の日をお祝いする会 ボディペインティング プール活動はじめ ●7月 七夕まつり、盆踊り会 宿泊授業(5歳) ●8月 プール活動 地蔵盆まつり ●9月 敬老の日をお祝いする会 親子遠足 ●10月 運動会 ●11月 作品展 ●12月 もちつき大会 クリスマス会 成道会 ●1月 新年会 マラソン大会 ●2月 節分会 涅槃会 学芸会 ●3月 ひなまつり会 お別れ会 お別れ遠足(5歳) 卒園式
  • 園のご案内
    002
    教育目標 「豊かな体験と生きる力を」 基礎的な生活習慣・態度を育て、豊かな心情や思考力を養い、意欲や思いやりのある子どもを育てます。 【教育目標】 ●人の喜びを共に喜ぶことのできる心の優しい子ども(優しさ、愛) ●素直に「ありがとう」といえる感謝の気持ちをもった子ども(感謝) ●誰とでも仲良く遊べる協調性のある子ども(協調性) ●明るく元気にがんばれる子ども (集中力、持続性) ●全身を使って創造する喜びと知恵をもった子ども(創造力) ●自ら、積極的に活動していく姿勢をもった子ども(自立性、積極性)
  • 園のご案内
    homigaoka_09032210
    園の特徴 「心身ともに健全な子どもを」 言葉、表現、健康、人間関係、環境。5領域により総合的な幼児教育を実践しています。 【健康】 健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活を作り出す力を養う。 【表現】 感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現力を養い、創造性を豊かにする。 【人間関係】 他の人々と親しみ、支えあって生活するために、自立心を育て、人とかかわる力を養う。 【言葉】 経験したことや考えたことなどを自分なりに言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や表現する力を養う。 【環境】 周囲の様々な環境に好奇心や探究心をもってかかわり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。

PAGETOP