浄土宗 信光明寺(松平信光の菩提寺)末として1510年に岩津東蔵前に創立す。

その後、衣ノ里(衣郷新町)に阿弥陀堂を草創し無量院と称す。

信貴山毘沙門天御分霊奉安所 毎月3日毘沙門天(祈願)月例会をおこなっております。

  • ご案内
    阿弥陀如来 浄久寺御本尊 阿弥陀如来
  • ご案内
    毘沙門天王 住職の私も拝見した事が有りません。 別名『多聞天』といい、阿彌陀如来を守護している四天王のおひとりです。 ご本尊の尊い良きお話を多くお聞きになっておられ、多くのお願い事をお聞き下さる神様なのです。 ちなみに、七福神の一神としてお名前をお聞きになった事が有ると思います。
  • ご案内
    信貴山御分霊毘沙門天王(秘仏) 信貴山毘沙門天王御分霊奉安所(毘沙門堂)。 福徳の神様として皆様にしたしまれています。 信貴山三河別院の称号をいただいております。
  • ご案内
    九頭龍大明神祭禮の由来 当山の古伝に曰く、三河衣の里は度かさなる水害に住民困窮をきわめ寛文十年、三河代官鳥山牛助精元仁政を布き水害の難を救わんと、飛騨高山の仏師に命じ九頭龍大明神を敬刻し、時の城下央ば高き場所、則ち当地(現時点)に他なしと浄久寺に寄進奉安し云々と印す。爾來星霜四百有余年広大無辺なる御神力を示現され、人々帰依暑く御信仰され、長元に水難を救い給い社会の浄化の基とならんことを祈念し祭禮いたしております。 毎年6月19日御開帳、諸祈願法会を奉修 厄災削除、七難即滅、病気平癒等に御神力を示現されております。

PAGETOP